entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2010/03/12 (金) 00:13

財表 確認テスト 12回目

<棚卸資産の範囲>
1最新基準における棚卸資産の定義(トレーディング目的を除く)を述べよ

通常の営業過程に置いて販売するために保有する資産・・・?

2通常の営業仮定に置いて販売するために保有する財貨または用役の内
 商品・製品以外の物を2つ述べよ

 売買目的不動産・・・? 売買目的有価証券(´Д⊂グスン 

3IASが販売・一般管理活動で短期的に消費される財貨を棚卸資産としない理由を2つ述べよ

(*´・д・)は?
そんなんやってないって・・・

4長期性資産が本来の用途から外され 売却目的で保有されることになった場合
当該資産は棚卸資産か

 違います

5有形固定資産の除去後の廃材は棚卸資産か

違うとおもうなぁ。。。

6無形サービスで棚卸資産となる具体例をあげよ

ソフトウェア?

7付随費用を原価に算入しないで購入代金と別途に処理した場合
 貸借対照表ではいかに処理するのか

え。。。
なんだその・・前払費用とかがいんじゃね・・・

8取得原価を測定するうえで 仕入値引・割り戻しを控除する理由を述べよ

 ( _。д゜)アウアウア

9取得原価を測定するうえで 仕入割引を控除せず営業外収益とする理由を述べよ

;y=ー(゚д゚)・∵. ターン

10棚卸資産の費用計算が消費計算であるのに対し
 固定資産の費用計算が償却計算である理由を述べよ

 固定資産は消費量を数で把握できないから

11継続記録法が帳簿数量の算定だけでなく 実地棚卸も含むものと解したとき
 継続記録法が損益計算目的にも資産管理目的にも合理的な計算方法である理由を述べよ

 ∩(・∀・)∩

12移動平均法と総平均法のうち
 A・物量のみの継続記録法 B・物量及び原価による継続記録法
 はどちらと結びつくのか

 A→総平均 B→移動平均

13棚卸資産の場合には 個別法 先入先出法 平均法の全てが認められるが
 有価証券の場合にはいかなる方法が認められているか

 平均法のみ

14原材料を先入先出法で計算し 仕掛品・製品を平均法で計算することは認められるのか
 認められるならばその理由は?

 認められる
 理由・・・・(゚∀。)アヒャ それぞれの消費過程が違うからじゃね

15最新基準における先入先出法の論拠はなにか

 ワカリマセン

16個別法と先入先出法を比較すると両者はいかなる場合に適切な方法なのか

 個別→個々の単価に大きな開きがある商品に妥当
 先入→単価は変動するが大きな開きはなく仕入順に消費される商品に妥当

17売価還元法の特徴を4つ述べよ

 売上と原価率から仕入れ原価を算定・・・ 

18修正売価法は収益認識基準のどれと結びつくのか

 むーー・・

19商品有高帳の払い出し原価と損益計算書の売上原価が一致しない場合
 (=商品有高帳の次期繰越高と貸借対照表の期末棚卸高が一致しない場合)
とは具体的にどのような場合か

 棚卸減耗と商品評価損が発生してるです(`・ω・´)シャキーン

相変わらず。。ですね
スポンサーサイト
entry_header

2010/03/12 (金) 00:12

監査論 確認テスト 12回目

<職業倫理>
1「倫理規則」の趣旨及び精神では「公認会計士は監査及び会計に関する職業的専門家として
()に資するためその専門能力に基づき()かつ公正に業務を行い社会の健全な発展に寄与することを使命とする」と規定されている ()に適当な言葉を埋めよ

公共の利益 誠実

(ごめ。。。わかってるんじゃなくて
本を主食としてる人の文章力的な勘で予測して埋めてる。。。)

2職業的専門家としての公認会計士に求められる行動基準はなにか?2つ(4文字)あげよ

守秘義務
 (善管注意義務 精神的独立性 外観的。。。うう。。。どれも4文字じゃない。。)

3職業倫理に含まれるものは
1( ) 2( ) 3専門的能力 4正当な注意 5( ) 6職業的専門家としての行動の6つである
()に適当な言葉を入れよ

精神的独立性 外観的独立性 守秘義務

4概念的枠組み(フレームワーク・アプローチ)の適用において
「脅威となる状況または関係を認識」した場合
その「脅威の程度を評価」することなどが求められているが
脅威に該当するものとして なれ合いの脅威と脅迫の脅威以外に3つある
その3つを指摘せよ

え。。。さ。。殺人とか?

<監査人の法的責任>
1故意と過失は監査人のどのような職業的義務の消失を意味するのか

精神的独立性

2依頼人に対する債務不履行責任と第三者に対する不法行為責任の用件を
それぞれ述べなさい

何を答えればいいのか掴めないアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

3債務不履行と不法行為の挙証責任は誰にあるのか?
なお不法行為については民法の場合と金融商品取引法・会社法の場合に分けて述べよ

あれか民法と会社法では挙証責任がかわるってやつか
たしか民法では債務不履行は監査人で不法行為は依頼人・第三者に挙証責任があるけど会社法では両方監査人になるんじゃなかったっけ・・・・

4( )は監査人が職業的専門家としての正当な注意を払い
職業的懐疑心を保持して監査を実施したことを立証するための資料となるものである
()に適当な言葉を入れよ

監査調書

5故意による虚偽の監査証明の場合 および過失による虚偽の監査証明の場合
監査人はどのような行政処分を受けるのか

あーーーーー短答問題集で出てきた・・・・・
故意の場合は2年間の業務停止・登録抹消
過失は戒告・2年間の業務停止
だったかな。。。orz

6平成19年公認会計士法改正により行政処分として
戒告・業務停止命令・登録抹消(法人の場合は解散)以外に何が新たに加わったか
2つあげよ

いくら考えてもわからん。。。。

7不正の請託による賄賂を収受・要求・約束以外に刑事責任として何があるのか
2つあげよ

 (ry
entry_header

2010/03/12 (金) 00:11

監査論 確認テスト 11回目 解答

<監査基準における規定と基本的考え方>
1 不正な報告 資産の流用 財務諸表に重要な影響を及ぼす

2 監査の目的

3 不正な報告→経営者不正
  資産の流用の隠蔽→主に従業員不正

4会計処理に影響を及ぼす違法行為→会計上の不正及び誤謬
 会計処理に影響を及ぼさない違法行為

5前:正当な注意義務をはらい
   財務諸表に重要な虚偽の表示がもたらされる可能性に関して評価を行い
   その結果を監査計画に反映しこれに基づき監査を実施しなければならない

 後:経営者等に報告して適切な対応を求めるとともに
   適時、監査手続を追加して十分かつ適切な監査証拠を入手し
   不正等が財務諸表に与える影響を評価しなければならない
entry_header

2010/03/12 (金) 00:10

財表 確認テスト 11回目 解答

<我が国と海外の会計の比較>
1将来の投資の成果を予測して投資意思決定する
 実際の投資の成果と比較
 当初の期待を改定して投資意思決定

 B/Sは将来の投資の成果を予測するのに役立ち
 P/Lは実際の投資の成果との比較のさいに役立つ

2我が国は現在の株主で親会社株主に帰属するものを株主資本とする
 海外は将来の株主に帰属する新株予約権・評価換算差額
 外部者持分の少数株主持分も含め株主資本とする

3包括利益計算書は株主資本(純資産)の当期変動差額に関する増減表で
 未実現の利益も含む
 損益計算書は実際の投資の成果を報告するF/Sで実現した利益だけが表示される

4同 資産・負債の増減により生じた経済的便益
 異 投資のリスクから解放された部分

5資産:過去の取引事象に起因し報告主体が支配する将来の経済的便益
 負債:過去の取引事象に起因し報告主体の義務から生じる将来の経済的便益の犠牲
 認識:発生可能性の高い将来の経済的便益で金額が信頼性をもって測定できる

6定義:資産・負債の増減により生じた経済的便益(ただし資本取引を覗く)
 認識:資産・負債の増減により経済的便益が増減し金額が信頼性を持って測定で消える

<我が国の会計>
1資産負債アプローチの考え方も考慮しつつ
 収益費用アプローチの考え方をより重視している

 さいですかorz

2昔:企業会計審議会 今:企業会計基準委員会

3最も重要な情報は純利益と
 これを生み出す株主資本

4公開企業が投資者から資金調達を測るためには
 投資者の保護が制度的に担保されていなければならない為

5経営者は投資者の意思決定に有用な情報として財務諸表の開示責任がある
 監査人は経営者の開示した財務諸表の信頼性を保証する責任がある
 経営者と監査人の責任が分離・分担されていることを二重責任の原則という
 
 投資者が開示された情報を利用して自己の責任に置いて意思決定を行うことを
 自己責任の原則という

6トライアングル体制

7金融商品取引法会計が企業会計のイニシアティブを取り
 会社法は証券取引法会計を全面的に取り入れ 完全なる一元化が図られた
entry_header

2010/03/07 (日) 22:50

財表 確認テスト 11回目

<我が国と海外の会計の比較>
1我が国の投資意思決定プロセスを述べよ B/SとP/Lの役割も述べよ

 事前に将来の利益を予測し
 事後に実際に得られた投資の成果と予測を比較し
 投資意思決定を改訂する
 B/Sは将来の利益予測する際に役立ち
 P/Lは実際に得られた投資の成果と予測を比較する際に役立つ

2我が国と海外の資本の違いを述べよ

 我が国は親会社の持分である株主資本のみを資本とする
 海外は親会社の持分の他に外部持分である少数株主持分
 将来の株主に帰属する新株予約権も含めたものを株主資本とする

3包括利益計算書と損益計算書の違いを述べよ

 あーあー。。。。TT
 包括利益計算書は海外で日本で言う当期純利益とリスクから解放されてない利益の額で
 作られてて
 損益計算書は日本で使われてて
 リスクから解放された実際に得られた投資の成果だけが載ってる
 あーうー・・・・なんかいまいちだorz

4我が国のと海外の収益・費用の異同点を述べよ

 えーとあー日本は十分条件としてリスクからの解放が必要・・・・

5海外の資産負債の定義と認識要件を述べよ

 資産:過去の取引事象に起因し報告主体が支配する経済的便益
 負債:支払義務
 認識要件:少なくとも一方の契約履行

6海外の収益・費用の定義と認識要件を述べよ

 ・・・資産・負債の変動額・・・・;y=ー(゚д゚)・∵. ターン


<我が国の会計>
1現在の我が国の会計は資産負債アプローチか収益費用アプローチか?

 ( ̄ー ̄)ニヤリッ
 資産負債アプローチ なり

2昔と今の会計基準設定主体の名称及びその違いを述べよ

 ・・・ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
 企業会計審議会????

3海外と比べ我が国の概念フレームワークのもっとも大きな違い
 (最も重要な情報の違い)はどこか?

 我が国は当期純利益をもっとも重要な情報としている

4金融商品取引法において投資者保護が必要となる理由は何か

 orz

5二重責任の原則と自己責任の原則の意義について述べよ

 経営者がF/Sの作成責任を負い 監査人はそのF/Sを評価する
 二重責任の原則が守られることで投資者は自己責任のもとで投資できる

6国際的な会計基準とのコンバージェンスにおいて
 障害になっていた我が国固有の制度を何というか

 トライアングル体制??

7金融商品取引法会計と会社法会計の関係はどうなっているか?

 金商法は・・・債権者保護
 会社法は・・・投資者保護で個別F/Sベース


うーーんなんかどの解答もまだいまいち
entry_header

2010/03/07 (日) 22:49

監査論 確認テスト 11回目

<監査基準における規定と基本的考え方>
1一般基準の4には「監査人は財務諸表の利用者に対する()
 あるいは()の隠蔽を目的とした重要な虚偽の表示が
 財務諸表に含まれる可能性を考慮しなければならない
 違法行為が()場合があることも留意しなければならい」 と言う規定がある
()に適当な言葉を入れなさい

 不正な報告 資産の流用 会計に影響する

2不正等に起因する虚偽の表示への対応を規定した一般基準4は
 どの監査基準の規定を受けたものか?

 正当な注意 と 職業的懐疑心

3「不正な報告」と「資産の流用の隠蔽」は経営者不正と従業員不正どちらと結びつくのか

え?それだけで良いの?
 不正な報告→所謂 粉飾は経営者不正 でも従業員が共謀することもあり
 資産の流用の隠蔽→主に従業員不正だが経営者が関与することもあり
なのでどちらも両方

4違法行為を適当に分類し通常どちらが会計上の不正に当たるのかを述べなさい

 違法行為を適当に分類??
 通常どちらが??

5不正に関する実施基準一の4(不正を発見する前)と
 実施基準三の4(不正を発見した後)にはどのように規定されているか 簡潔に述べよ

 前:正当な注意義務をはらう
 後:経営者・取締役・監査役に適切に報告する ?
entry_header

2010/03/07 (日) 22:45

監査論 確認テスト 10回目 解答

<正当な注意義務と職業的懐疑心の保持>
1職業的義務 監査義務 職業的専門家 民法の善管注意義務に相当

2監査の実施 報告書の作成

3職業的専門家としての正当な注意を払っているならば
監査人が過失責任を負うことはないが
逆にそれを下回っているときには監査人の過失責任が問われる可能性が生ずる

 精神的独立性は時代によって変化することがない「固定的な性格」であるのに対し
正当な注意は時代により変化する「流動的な性格」
また各国に置いてその水準が異なることも認められる

4監査基準 委員会報告書

5経営者が誠実であるかどうかについて予断をもたないという監査人の姿勢

6不正発見の姿勢を強化すべきと言う社会の要請に応えるために
 監査人は監査の全課程に置いて財務諸表に重要な虚偽の表示が存在する虞に
 常に注意を払わなければならないことを強調する必要があったから

7監査人が財務諸表における重要な虚偽の表示の可能性に
 常に注意すること等によって発揮される

<秘密保持義務(守秘義務)>
1法令で対処すべきものであると共に職業倫理上当然だから
 正当な注意義務に含まれるから

2企業との信頼関係を損ね
 監査に対する企業の協力が得られなくなり
 監査業務の効率的な遂行が出来なくなるおそれがあるから

3 1訴訟手続きの過程で文書を作成し又は証拠を提出するとき B

 2日本公認会計士協会の品質管理レビューに応じるとき C

 3親子会社で監査人が異なるときに
  親会社の監査人が子会社の監査人から情報を入手する場合 A

 4法令等に基づく質問・調査又は検査に応じるとき B

 5訴訟手続において会員の職業上の権利を擁護するとき C

 6監査人の交代に当たって前任監査人から引き継ぐ場合 A
entry_header

2010/03/07 (日) 22:43

財表 確認テスト 10回目 解答

<減損会計総論と減損会計基準の前文>
1資産の収益性の低下により投資額の回収が見込めなくなった場合に
 一定の条件の下で回収可能性を反映させるように帳簿価額を減額する会計処理

2減損の兆候有り→減損損失を認識する必要がある
  →帳簿価額を回収可能価額まで減額し減少額を減損損失として
   当期の損失とするという方法により減損損失の測定を行う

3 B/S→将来のcifの予測価値を明らかにすることに役立つ

  P/L→投資の成果(投資の失敗)を明らかにすることに役立つ

4正味売却価額 使用価値
 投資の回収手段は売却と継続使用があるから

5我が国・とAS→だいたい同じ
 FAS:帳簿価額より時価が低い場合に再投資を擬製することにより時価まで切り下げる
 
6市場平均を超える成果を期待して事業に使われているため
 市場の平均的な期待でき丸字かが変動しても
企業にとっての投資の価値がそれに応じて変動するわけではないから

7決算日における資産価値を貸借対照表に表示することを目的とするものではなく
 取得原価基準で行われる帳簿価額の臨時的な減額なため

8 共通点:臨時に減額する会計処理として共通
  異なる:臨時償却は資産の収益性の低下を帳簿価額に反映すること
    自体を目的とする会計処理

9過年度修正は現在 修正年度の損益とされている
 
10<減損会計総論と減損会計基準の前文>
1固定資産の減損の定義を述べよ

予期し得ない価値の減少 ・・・?

2固定資産に減損会計を適用するための3つの条件を述べよ

将来キャッシュインフローの減少・・・・あと・・・orz

3固定資産の減損処理の論拠を貸借対照表と損益計算書の観点から述べよ

orz

4回収可能価額に含まれるものを2つあげ
 なぜその2つのうち大きい方を選択するのかを述べよ

割引前将来キャッシュフロー 利用価値
保守主義(懐かしき企業会計原則)

5我が国 IAS 米国の減損会計の異動点を
測定値と投資の行動の観点から述べよ

;y=ー(゚д゚)・∵. ターン

6事業用の固定資産は時価や使用価値でなく
取得原価から減価償却等を控除した金額で評価される理由を述べよ

リスクから解放されていない将来の利益すなわち未償却額を表示するため

7固定資産の減損処理は
金融資産に適用される時価評価と違い いかなる特徴を有するのか?

時価評価は回復の見込みがあるが減損会計はない

8減損会計と臨時償却に共通する考えと相違する考えを述べよ

 共通:将来に回収可能な額だけを繰り越す
 異なる:臨時償却は耐用年数の見積変更
  減損会計は回収可能額の減少

9現行制度上 過年度修正と減損はいかに扱うのか またその論拠は?

過年度の遡及修正は行わず減損を認識した期の臨時損失として扱う

10本来は投資期間全体を通じた投資額の回収可能性を評価し
投資額の回収が見込めなくなった時点で将来に損失を繰り延べないために
帳簿価額を減額する会計処理と考えられる
entry_header

2010/03/05 (金) 00:14

財表 確認テスト 10回目

<減損会計総論と減損会計基準の前文>
1固定資産の減損の定義を述べよ

予期し得ない価値の減少 ・・・?

2固定資産に減損会計を適用するための3つの条件を述べよ

将来キャッシュインフローの減少・・・・あと・・・orz

3固定資産の減損処理の論拠を貸借対照表と損益計算書の観点から述べよ

orz

4回収可能価額に含まれるものを2つあげ
 なぜその2つのうち大きい方を選択するのかを述べよ

割引前将来キャッシュフロー 利用価値
保守主義(懐かしき企業会計原則)

5我が国 IAS 米国の減損会計の異動点を
測定値と投資の行動の観点から述べよ

;y=ー(゚д゚)・∵. ターン

6事業用の固定資産は時価や使用価値でなく
取得原価から減価償却等を控除した金額で評価される理由を述べよ

リスクから解放されていない将来の利益すなわち未償却額を表示するため

7固定資産の減損処理は
金融資産に適用される時価評価と違い いかなる特徴を有するのか?

時価評価は回復の見込みがあるが減損会計はない

8減損会計と臨時償却に共通する考えと相違する考えを述べよ

 共通:将来に回収可能な額だけを繰り越す
 異なる:臨時償却は耐用年数の見積変更
  減損会計は回収可能額の減少

9現行制度上 過年度修正と減損はいかに扱うのか またその論拠は?

過年度の遡及修正は行わず減損を認識した期の臨時損失として扱う

10将来 過年度修正を遡及修正する処理が認められたならば
本来の減損処理が可能になると言われる
本来の減損処理とはどのようなものか?

固定資産を購入した期に遡り取得原価を遡及修正し
過去の減価償却費も遡及修正される
entry_header

2010/03/05 (金) 00:13

監査論 確認テスト 10回目

<正当な注意義務と職業的懐疑心の保持>
1職業的専門家としての正当な注意を払う義務の意義を4つに細分化せよ

 しらん

2精神的独立性は特に事実の認定 処理の判断および意見の表明
 に際して重要なものである
 では正当な注意義務は特にどのような局面において重要なのか
 2つ指摘せよ

 わかりません

3職業的専門家としての正当な注意の特徴を2つ
 精神的独立性と対比することにより簡潔に述べなさい

 wa(ry

4職業的専門家としての正当な注意を払うために
 従わなければならない規範は何か

 実践規範

5監査基準委員会報告書に従って職業的懐疑心を定義しなさい

 経営者が誠実であると予断をもって監査してはならない
 (とかそんな感じ)

6職業的懐疑心は本来 正当な注意の一側面でしかないにもかかわらず
 一般規準において新設した理由は何か

 忘れないようにするためw
 あと経営者に常に疑ってるよとわからせるため

7監査規準委員会報告書によると職業的懐疑心は
 監査人が何に注意することによって発揮されるというのか

 経営者の誠実性

<秘密保持義務(守秘義務)>
1理論的には守秘義務は一般規準から外すべきであるという見解が一般的である
 その理由を2つ述べよ

 職業的専門家として当たり前だから
 公認会計士法でも規定されているから

2監査基準が守秘義務をあえて一般規準として維持した理由を述べなさい

 忘れないように

3守秘義務の解除は
 A:依頼人からの守秘義務解除の了解が得られている場合
 B:法令によって守秘義務の解除が要求されている場合
 C:守秘義務が解除される職業上の義務又は権利がある場合
に求められる では次のケースはこれらABCのどれに該当するか
 1訴訟手続きの過程で文書を作成し又は証拠を提出するとき B

 2日本公認会計士協会の品質管理レビューに応じるとき C

 3親子会社で監査人が異なるときに
  親会社の監査人が子会社の監査人から情報を入手する場合 A

 4法令等に基づく質問・調査又は検査に応じるとき C

 5訴訟手続において会員の職業上の権利を擁護するとき B

 6監査人の交代に当たって前任監査人から引き継ぐ場合 A
entry_header

2010/03/05 (金) 00:11

監査論 確認テスト 9回目 解答

<一般基準の必要性と改訂趣旨>
1専門能力 独立性保持義務 正当な注意義務 不正等への対応
 監査の品質管理(基準の6と7) 監査調書

2(不正発見の姿勢)を強化 (監査の品質管理)を制度的に担保

<専門能力の向上と実務経験等から得られる知識の蓄積>
1(裏から支える)役割を有すと言われる

2資格要件 専門能力の向上 実務経験の積み重ね

3絶対的ではないが相当に高い程度に必要

4継続的専門研修 監査調書の査閲

<精神的独立性と外観的独立性>
1 公正不偏 外観

2いかなる誘惑や圧力にも屈することなく自己の信念と良心に基づいて
 常に公正不偏の態度を保持する精神的態度

3投資者等は当該財務諸表により誤った意思決定を行うことになり
 かえって投資者等を害することになる

4監査人:精神的独立性を外側から支える
 利害関係者:精神的独立性に対する疑惑を排除

5 1→法令
  2→自主的規制

6 前:役員 使用人 公務員 税理士
  後:株主・債権者 利益供与

7個人としての公認会計士や監査チームの監査責任者だけでなく
団体としての監査法人にも規制される法定の利害関係を2つ示せ

 1社で監査報酬の50%以上を占めたらだめってやつ・・?
 ローテーション規定?

8同時提供の禁止
 ローテーション・インターバル
 就職制限
 関与社員の再就職先の制限
 共同監査の義務づけ
  
9独立性に対する脅威があるか ある→驚異の程度を評価
  重要なら→適正な処置 それが不可能なら→業務を事態

10補助者に対する制限
 2親等以内の親族に対する制限
 収入の50%ルール
 訴訟が起きているまたはその可能性が高い
 社会慣行を越える接待
 過去に役員または従業員だった

11会社と私たちの間には公認会計士法により記載すべき利害関係はない

12法廷の特別の利害関係に準ずる重要な利害関係

13公認会計士から指導や助言を受けることは企業の発展を促し
  結果的に企業を取り巻く利害関係者保護に役立つ
 
 精神的独立性を保持している限り 監査人の批判機能に影響を与えることはない

14被監査会社等の経営判断に関与することを防止
 監査人自らが為した業務の結果を自ら監査対象とすることを防止

15精神的独立性を保持することが出来なくなる虞がある
 利害関係者の立場からしても当該業務を来なく監査人は
  公正不偏の態度が欠けているのではないかという疑惑を抱かれる虞がある

16助言にとどめ経営者の意思決定に関与することや
   経営責任を負うことをしないようにすべき
  監査担当部門とマネジメント・コンサルティング・サービス担当部門を明確に分離する

17記帳代行 情報システムの整備 財産の証明 保険数理
 内部監査の外部委託 
entry_header

2010/03/05 (金) 00:09

財表 確認テスト 9回目 解答

<無形固定資産>
1通常 残存価額を0とする定額法
 定率法は行われない
(鉱業権は生産高比例法
 市場販売目的のソフトウェアは見込み販売数量での償却) 

2 借地権:減価償却されない
 定期借地権:効果発現の期間が契約により確定しているので
  契約年数で定額法による減価償却を行う

3除去後の取替え更新が行われるので原始投下資本額や内部資金留保額を明らかにしたいから
 費用配分期間は暫定的なものなので償却費が未確定だから

4経営者の自己評価・自己申告を意味し財務報告の目的に反する
 リスクから解放されていないから

5 超過収益力を永続的に維持することは不可能

 維持できるとしても買入のれんを償却しないと
 実質的に自己創成のれんを計上することになるから 

6のれんを無償取得した場合 計上できない
 のれん以外の無形固定資産を無償取得した場合(法律上の権利)
  公正な評価額をもって取得原価とし資産計上する
entry_header

2010/02/25 (木) 22:52

財表 確認テスト 9回目

<無形固定資産>
1無形固定資産でしか認められない償却方法と
 無形固定資産では認められない償却方法を挙げよ

 定額法による直接減額方式の償却方法が認められてます
 物量での利用量が計れないので生産高比例法 と
 利用率が推定できないので定率法 が認められていません

 (完璧?むふっ)

2通常の借地権と定期借地権の償却方法の違いを述べよ

 借地権:減価償却されない
 定期借地権:効果発現の期間が契約により確定しているので
  契約年数で定額法による減価償却を行う

3有形固定資産では間接控除方式が原則である理由を2つ述べよ

 ・・・orz

4我が国が自己創成のれんの認識を認めない理由を2つのべよ

 リスクから解放されていない利益であり
 経営者の懇意性を多く含んでいるから

5我が国がのれんを償却することとした理由を2つ述べよ

 (。・ε・。)ムー
 いつまでもブランド力だけで商売できるわけないでしょ
 とかそんな感じの理由

6のれんを無償取得した場合 と
 のれん以外の無形固定資産を無償取得した場合 の違いを述べよ
entry_header

2010/02/25 (木) 22:51

監査 確認テスト 9回目

<一般基準の必要性と改訂趣旨>
1一般基準の1~8の見出しを述べよ(精度50%程度でよい)

(´・ω:;.:...

2平成14年一般基準の改訂趣旨は1()の強化 2()を制度的に担保することにある
 ()内に適当な言葉を入れよ

死ぬ


<専門能力の向上と実務軽々等から得られる知識の蓄積>
1一般基準1(専門能力の向上と知識の蓄積)は
 一般基準2(独立性保持義務)と一般基準3(正当な注意義務)の両方を
 ()役割を有すと言われる ()内に適当な言葉を入れよ

 外側から支える

2改訂前の一般奇銃は監査を行うために必要な
 監査人としての最低限の条件たる()を規定するだけだったが
 改訂監査基準では資格取得後の()や
 監査の現場における()をも求める点において違いがある
 ()内に適当な言葉を入れよ

 資格条件  補修  実務経験

3監査証明業務が公認会計士・監査法人の排他的・独占的業務である理由は
 監査に信頼性の保証水準が()だからである ()内に適当な言葉を入れよ

 絶対的ではないが相当に高い程度に必要

4専門能力の向上の方法は()であり
 実務経験の積み重ねの方法は()である ()内に適当な言葉を入れよ

 補修所 監査業務


<一般基準の必要性と改訂趣旨>
1一般基準の1~8の見出しを述べよ(精度50%程度でよい)

(´・ω:;.:...

2平成14年一般基準の改訂趣旨は1()の強化 2()を制度的に担保することにある
 ()内に適当な言葉を入れよ

死ぬ


<専門能力の向上と実務軽々等から得られる知識の蓄積>
1一般基準1(専門能力の向上と知識の蓄積)は
 一般基準2(独立性保持義務)と一般基準3(正当な注意義務)の両方を
 ()役割を有すと言われる ()内に適当な言葉を入れよ

 外側から支える

2改訂前の一般奇銃は監査を行うために必要な
 監査人としての最低限の条件たる()を規定するだけだったが
 改訂監査基準では資格取得後の()や
 監査の現場における()をも求める点において違いがある
 ()内に適当な言葉を入れよ

 資格条件  補修  実務経験

3監査証明業務が公認会計士・監査法人の排他的・独占的業務である理由は
 監査に信頼性の保証水準が()だからである ()内に適当な言葉を入れよ

 絶対的ではないが相当に高い程度に必要

4専門能力の向上の方法は()であり
 実務経験の積み重ねの方法は()である ()内に適当な言葉を入れよ

 補修所 監査業務

<一般基準の必要性と改訂趣旨>
1一般基準の1~8の見出しを述べよ(精度50%程度でよい)

(´・ω:;.:...

2平成14年一般基準の改訂趣旨は1()の強化 2()を制度的に担保することにある
 ()内に適当な言葉を入れよ

死ぬ


<専門能力の向上と実務軽々等から得られる知識の蓄積>
1一般基準1(専門能力の向上と知識の蓄積)は
 一般基準2(独立性保持義務)と一般基準3(正当な注意義務)の両方を
 ()役割を有すと言われる ()内に適当な言葉を入れよ

 外側から支える

2改訂前の一般奇銃は監査を行うために必要な
 監査人としての最低限の条件たる()を規定するだけだったが
 改訂監査基準では資格取得後の()や
 監査の現場における()をも求める点において違いがある
 ()内に適当な言葉を入れよ

 資格条件  補修  実務経験

3監査証明業務が公認会計士・監査法人の排他的・独占的業務である理由は
 監査に信頼性の保証水準が()だからである ()内に適当な言葉を入れよ

 絶対的ではないが相当に高い程度に必要

4専門能力の向上の方法は()であり
 実務経験の積み重ねの方法は()である ()内に適当な言葉を入れよ

 補修所 監査業務


<精神的独立性と外観的独立性>
1一般基準の2には「監査人は監査を行うに当たって
常に()を保持し独立の立場を損なう利害や()を有してはならない」と言う規定がある
 ()内に適当な言葉を入れよ

 外観的独立性  外観

2精神的独立性を定義せよ

えーとなんだ。。その プロフェッショナルの意識を持て とかそんなの

3もし監査人が精神的独立性を失って被監査会社に有利な監査判断を行うと
 いかなる事態が予測されるか?

 二重責任の原則が崩壊し投資者が自己責任で投資意思決定をできなくなる

4外観的独立性の監査人にとっての必要性と利害関係者にとっての必要性を簡潔に述べよ

 監査人:余計な疑いを持たれない為に必要
 利害関係者: ・・・?

5外観的独立性には
 1.独立の立場を損なう利害を有していないこと と
 2.独立の立場に疑いを招く外観を有していない事が含まれる
 これらのうち法令で規制去る者と監査人の自主的規制にゆだねられるものはどれか?
 
 1→法令
 2→自主的規制

6法定の利害関係は身分的利害関係と経済的利害関係があるが
 前者に該当するものを4つ 後者に該当するものを2つ示せ

 前:役員 家族 親戚 使用人
 後:

7個人としての公認会計士や監査チームの監査責任者だけでなく
団体としての監査法人にも規制される法定の利害関係を2つ示せ

 1社で監査報酬の50%以上を占めたらだめってやつ・・?
 ローテーション規定?

8平成16年の公認会計士法の改正により制度化された外観的独立性を5つ示せ

 3親等以内の親族の会社の監査の禁止
 (鳩子の会社はいいのか?とか言ってたのでちょっと記憶に残ってる) 
 過去に役員・使用人だった会社への監査ができない
  
9独立性に関するフレームワーク・アプローチを
 テキストにあるフローチャートを示すことにより明らかにしなさい

  シラネ

10独立の立場に疑いを招く外観の具体例を6つ示せ

 親族 役員(過去も) 使用人(過去も) 報酬貰いすぎ 担当して長すぎ 

11監査報告書の末尾には通常いかなる記載がなされるのか?

 さぁ?
 署名捺印でもしとけば?w

12利害関係府例8条2項には「当該公認会計士または当該監査法人が
非監査会社等と利害関係を有するときはその内容」を記載することが求められている
この利害関係はどのような内容なのか

 監査の後 役員になる予定がある

13被監査会社が大会社等に該当しない場合に
監査人が財務諸表監査だけでなくMCS業務も肯定される理由を2つ述べよ

 
14大会社に対して監査証明業務と
一定の被監査証明業務を同時提供することは禁止されている
その理由を公認会計士法の観点から2つ述べよ

 禁止だから 

15大会社に対して監査証明業務と
一定の被監査証明業務を同時提供することは禁止されている
その理由を監査基準の観点から2つ述べよ

 駄目だから

16大会社等に対して
 一定の被監査証明業務に該当しないMCS業務を行うことは認められているが
 その際の留意点を2つ述べなさい

 アドバイスし過ぎない

17監査証明業務との同時提供が禁止される「一定の非監査証明業務」として
 内閣府令第5条には7つの代表的なものが例示されている
 これらのうち証券業と投資顧問業以外の5つを簡潔に示しなさい

 記帳代行 コンサルティング 税務 なんかと なんか(ぇ
entry_header

2010/02/25 (木) 22:40

財表 確認テスト 8回目 解答

<固定資産の費用配分>
1減損会計を適用するとき
 費用収益対応の観点では回収不能な損失を使用期間に費用配分する
 投下資本回収の観点では回収不能な損失を将来に繰り延べない会計処理が行われる

2流動化→固定資産に投下した資本を貨幣性資産として回収すること
 自己金融→将来の取替資金を借入金等の外部資金に依存せずに企業内部で確保すること

3固定資産の物価が上昇しているとき(短答問題集に出てきたんだもんコレ)
 減損会計のように収益性が低下し使用により獲得される実際の投資の成果が
 当初の期待より小さい場合には投下資本の一部が回収不可能となることがあり
 取替資金に不足が生ずる

4将来にキャッシュ・イン・フローとして獲得する予定の額

5 第1次配分:固定資産それ自体の価値の減少事実に基づいて費用配分する
  第2次配分:製造業の場合には減価償却費を認識した後
   更にこれを期間費用時松棚卸資産原価に再配分する

ふぉ~なるほど~( ゚Д゚)

6 第1次配分だけなら期間利益への影響は毎期一定だが
  第2次配分をすると期間利益に与える影響は毎期変動する

7正規:所定の方法に従い計画的規則的に減価償却を実施する
 任意:利益に及ぼす影響を考慮して減価償却費を任意に増減すること

8臨時償却:予期し得ない事情により固定資産が機能的にめざましく減価した場合に
  臨時的に行う償却計算

 臨時損失:災害/事故等により固定資産の実体が物的に減資した場合
   に行う簿価切り下げ

9正規:正常性と予期可能性
 臨時償却:予期可能性がない
 臨時損失:正常性がない

10 利用や時の経過による物質的損耗を考慮し
   技術革新等の機能的減価を加味して先験的に見積もる

11 認識する:資産の除去が法律上の義務に基づく場合など
    負債の定義や認識要件を満たすなら計上すべき

  認識しない:将来に提供されるサービスで支払も将来に履行される場合
   それは負債の定義を満たさず双方未履行で認識要件も満たさないので
   負債には計上できない

12方法:除去費用を固定資産取得時に費用計上する方法
     耐用年数に渡り費用配分する方法
     除去された期に費用計上する方法
 論拠
 費用配分説:除去費用は当該有形固定資産に対する投資額が増額し
  回収すべき額が引き上げられたことを意味すると考えられるので
  耐用年数に渡り費用配分すべき

 取得原価説:除去費用は独立して収益獲得に貢献するものではないことから
  別の資産として計上すべきでない
  むしろ当該除去費用は有形固定資産の取得に関する付随費用と同様に考えて
  取得原価に含めて計上する方法が適切

13土地に建てられている建物・構築物等の有形固定資産の減価償却を通じて
  各期に費用配分

 論拠
  土地の現状回復等が法令または契約で要求されている場合の支出は
   一般に当該土地に建てられている建物や構築物等の有形固定資産に関連する
   資産除去債務であると考えられる

14 1収益獲得に対する貢献度の逓減
   2期間負担の平準化
   3保守主義
   4資金的効果
   5課税の節約効果

15主として固定資産おりように比例して発生する
  総利用量が物理的に確定できる

16 我が国:会計方針の変更
 IAS:見積の変更

17 到来前の除却
   個別:未償却残高は除去損として処理
   総合:個々の未償却額が明らかでないので
    要償却額に相当する減価償却累計額を取り消す 除去損は計上されない

  到来後の減価償却
   個別:以後の減価償却は計上されない
   総合:総合償却の対象は取替更新が前提なので
    平均耐用年数の到来以後も資産が残存する限り減価償却が計上される

18 1減耗は取替更新できない減耗性資産に適用
   減価は取替更新できる有形固定資産に適用

   2減耗は部分的に利用される減耗性資産の物量的な減少の認識
    減価は全一体として利用される有形固定資産の価値的な減少の認識

   3減耗は償却相当額だけ当該資産が商・製品として実体的/即物的に転化する
    減価は償却相当額が商・製品に価値的に転化する

 通常は生産高比例法
 鉱業権は定率法が適用される

19部分定期取替に要する費用を収益的支出として処理する方法
 
 資産が正常な取替期になるまでは取替法による費用は
  減価償却費より少なく計上されるので資産の過大計上 費用の過少計上となる
entry_header

2010/02/25 (木) 22:39

監査論 確認テスト 8回目 解答

<合理的保証と重要性>
1財務諸表に重要な虚偽表示がないことにたいする確信あるいは心証を得た と言う意味

2財務諸表には重要な虚偽表示がないことを財務諸表利用者に対して保証したことを意味

3絶対的ではないが相当に高い程度の心証を得たと言う信頼性の保証水準

4財務諸表全体として1億円を超える虚偽表示が存在しない可能性が96%

5重要性の基準値を超えた虚偽表示が財務諸表に存在するにもかかわらず
誤って無限定適正意見を表明する可能性

6絶対的:100%の保証なので全ての財務諸表の重要な虚偽表示に対して責任を負うことになる
 合理的:事後に重要な虚偽表示があったことが判明したとしても
  監査基準に準拠し正当な注意を行使して監査を行ったことを証明できれば責任を負わない
entry_header

2010/02/24 (水) 14:18

監査論 確認テスト 8回目

<合理的保証と重要性>
1監査人にとっての「保証」の意味(「保証を得た」ことの意味)を述べよ

 監査には一定の限界があること
 個々の金額ではなく財務諸表全体として重要性の基準値を超える虚偽表示がない
 絶対的ではなく相当に高い程度の保証である
 ことを理解して貰った

2利用者にとっての「保証」の意味(「保証を与えた}ことの意味)を述べよ

 1の回答の内容を理解してあげた

3「合理的な」保証の意味を述べよ

 絶対的ではなく相当に高い程度

4例えば重傷性の基準値を1億円 信頼性の保証水準を96%と設定したとする
 この例を用いて監査上の重要性も考慮した信頼性の保証水準について説明しなさい

 1億円を超える虚偽表示が無い確率が96%

5上記の例を用いて監査上の重要性も考慮した監査リスクを説明しなさい

 1億円を越える虚偽表示が無い確率が96%だとした場合
 虚偽表示を見落としても良い確率4%が監査リスク

6監査人の責任の観点から絶対的保証と合理的保証の違いを説明しなさい

 絶対的:100%の保証をしなければいけない
 合理的:96%程度の保証でよく4%程度は見落としがあっても良い
entry_header

2010/02/24 (水) 14:17

財表 確認テスト 7回目 解答

<固定資産総論>
1投資を目的として保有される

2使用目的→有形固定資産
 販売目的→棚卸資産
 投資目的→投資資産

3有形固定資産

4土地 借地権 建設仮勘定

 建仮かぁorz

5 再稼働予定あり:有形固定資産
   予定無し:投資資産

6過大になる

7  販売:売上原価
  使用:販管費
  投資:営業外費用

8減損会計は全て適用される
entry_header

2010/02/24 (水) 14:16

監査論 確認テスト 7回目 解答

<監査基準における規定と基本的考え方>
1「財務諸表の監査の目的は(経営者の作成した財務諸表)が
一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して
企業の財政状態 経営成績及びキャッシュ・フローの状況を
(全ての重要な)点において適正に表示しているかどうかについて
監査人が自ら入手した(監査証拠)に基づいて判断した結果を意見として表明することにある
財務諸表の表示が適正である旨の監査人の意見は
財務諸表に(全体として重要な虚偽の表示)がないということについて
(合理的保証)を得たとの監査人の判断を含んでいる」

おしかったorz

2期待ギャップの解消 監査基準の基本的枠組みの明示

3二重責任の原則

4財務諸表監査が個々の金額の適正性 正確性・妥当性について
個別に意見表明するものではなく
財務諸表 全体として適正と言う意味

5重要な~:重要性の基準値を超える虚偽の表示はないことを意味する
 合理的な保証:絶対的ではないが相当程度の心証を得たことを意味する

6財務諸表全体として一億円を超える虚偽の表示が存在しない可能性が96%

side menu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ぽちぽち

アクセス解析

最近のトラックバック

side menu

CALENDAR

10 * 2017/11 * 12

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

布由

  • Author:布由
  • 活字食べて生きてます

    座右の銘「本を読まないと頭が腐って死ぬ」

    京極夏彦が最高に好きです

    読書傾向
    綾辻行人 浅田次郎 赤川次郎(卒業しました) 石田衣良 乙一 京極夏彦 宮部みゆき GOSICKシリーズ キノの旅 ハチクロ

    好きな食べ物:ジャガリコ(チーズ大好き♪) さきイカとかスルメとか乾き物 お煎餅(ザラメ好き♪)
コトノハ

Twitter

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。